腰痛再発:症状が40代になってから頻繁に起こるようになった

腰痛再発:症状が40代になってから頻繁に起こるようになった

49歳女性 主婦の方からの質問

30代前半のある日、急に右側の腰から足先にかけて激しい痛みが走り、
立つことができないほどの状態になりました。

その際、近くの整体接骨院で治療を受け、
2〜3回の通院後、痛みが収まり、その後は特に問題がありませんでした。
しかし、40代に入ってから、同じような症状が度々再発するようになりました。
この場合、痛みが発生した際に通院するだけで良いのでしょうか、
それとも継続的な通院が良いのでしょうか、教えていただければ幸いです。

回答

30代の前半にでた症状と同じ症状が40代になってからでたとの事ですが、これは痛めたじん帯、筋肉などが、そのまま放置された結果と思われます。

その部位を特定して改善する事だいじです

痛みのでている腰から足のどこかです。

技術と経験のある治療家をさがすのが早道です。

当院では原発箇所の特定、そして治療施術と進め改善していきます。

関連記事

  1. 腰痛に悩まされています

  2. 慢性腰痛に対する効果的な治療法を探しています

    慢性腰痛に対する効果的な治療法を探しています

  3. 腰痛や股関節の痛み、首の痛み

  4. 腰痛の解消には体型関係なし?

  5. 腰痛とヨガの関係

  6. 慢性的な腰痛の対策

    慢性的な腰痛の対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。